日印連携を強化せよ

写真.jpg

長尾 賢 (海洋政策研究財団 研究員)

 2012年12月、インド海軍参謀長ジョシは、南シナ海においてインドの国益が脅かされた場合には、インド海軍の艦艇を派遣する用意がある、と述べた。明らかに中国を念頭においた発言である。インド高官の発言としても一歩踏み込んだものとして注目される。インド海軍が東南アジアに来ることは、日本の安全保障にとってどのような意味をもつか。三点あるといえる。

 まず、インド洋・太平洋地域においてインドの力が必要とされていることである。特に、冷戦後、米海軍の艦艇数が減り、理論上、力の空白が生まれていることは注目すべきである。例えば満載排水量3000トン以上の水上戦闘艦でみれば、1990年に230隻であったが、2013年には101隻に減る。一方で、中国海軍は、1990年には16隻だったものが40隻に増えている。つまり、昨今の中国の強圧的な態度「俺は強い」と言わんばかりの態度は、アジアのミリタリーバランスを背景にしたものである。アジア安定のためには、日本やインドのような国が、力の空白を埋める必要がある。

 特に東南アジアについては、よりインドの力が必要とされている。東南アジアが主要なシーレーン上にあり、資源もあって戦略的に重要な地域であるにもかかわらず、みな小国であり、十分な軍事力を整備できていない。しかも大国に囲まれていて、特に中国からの軍事的な圧力にさらされつつある。東南アジア諸国は一丸となるべきで、軍事的にもより強くならなければならない。実際、東南アジア各国は潜水艦部隊や空軍を増強中である。インドは、ベトナムの潜水艦部隊を始め、マレーシアの空軍、タイの空母、インドネシア軍等の訓練を担ってきた。シンガポールへは訓練・兵器開発施設の貸し出しもし、ミャンマー等への武器輸出の実績もある。東南アジアの安全保障に深くかかわってきたのである。東南アジアからすれば、インドは有力な支援者となる。

 さらに、最も重要な要素として、インドがアメリカの友好国であり、強力な海軍力をもつことがある。その一例は演習の数で、米印は10年で60回以上の共同演習をしている。米印が同盟国ではないことを考えれば異例の多さである。インドの海軍力については急速に増強中といえる。上述の満載排水量3000トン以上の水上戦闘艦数でいえば、1990年の14隻から2013年には26隻になると予想される。空母も原潜も1隻ずつ保有しており、運用実績も長い。しかも今後100隻近い艦艇を増やす計画で、内45隻は建造中である。インドの計画は常に遅れるが、近い将来、強い海軍が登場することは間違いない。

 以上から、上記インド海軍参謀長の発言は、アメリカの友好国であるインドが、特に東南アジアの安全保障においても、より積極的な役割を果たすことを表明したもので、日本の安全保障にとっても心強いものなのである。

 昨今、日印の連携は強化されつつある。日印次官級2+2対話も始まり、日印海軍共同演習JIMEX(Japan India Maritime Exercise)も2012年から毎年行われることになり、日本は、インド洋海軍シンポジウム(IONS:Indian Ocean Naval Symposium)海軍会議にも参加するようになった。また、インドへのUS-2救難飛行艇の輸出も推進しているところである。今後もこの流れを進め、米豪と共に、東南アジア支援を念頭に置いた、より積極的な政策を推進するべきである。具体的には、例えば、日印越三国戦略対話、日印インドネシア三国戦略対話といった会議を推進し、東南アジアの安全保障上のニーズを掘り起こし、支援を調整するメカニズムが必要とされよう。

RIPS' Eye No.161

執筆者略歴

ながお・さとる インドの軍事戦略を研究し、2011年、学習院大学より博士号取得。2012年より海洋政策研究財団研究員。防衛省、平成18年度「安全保障に関する懸賞論文」優秀賞受賞。

研究・出版事業について

当研究所が開催しているイベント・セミナーについて一覧でご紹介します

詳細はこちらLinkIcon

論評-RIPS' Eye

最新の重要な外交・安全保障問題に関する第一線の研究者・実務者による論評を掲載しています。

詳細はこちらLinkIcon

研究会合事業

国内外の外交・安全保障分野の研究機関との意見交換や共同研究に取り組んでいます。過去に実施した研究会合についてご紹介します。

詳細はこちらLinkIcon

年報『アジアの安全保障』

1979年より毎年1回発行する年報です。アジア太平洋地域各国の政治・経済・軍事の1年間の動きに関する分析に加え、中長期的な情勢を展望しています。

詳細はこちらLinkIcon

Policy Perspectives

当研究所の研究・会合事業や重要な外交・安全保障問題に関する議論や論点をまとめた政策ペーパーです。

詳細はこちらLinkIcon

「政策提言」

日本の外交・安全保障政策の重要課題に関する提言をまとめたシリーズです。

詳細はこちらLinkIcon

関連書籍情報

入門書から専門書に至るまで、幅広い対象へ向けた書籍を発行することを通じて、外交・安全保障分野の理解促進や啓発に努めています。

詳細はこちらLinkIcon