"ハイブリッド同盟"への挑戦-21世紀のNATO-

Hirose_Yoshikazu.png

広瀬 佳一(防衛大学校 人文社会科学群 国際関係学科 教授)

 NATO(北大西洋条約機構)は2010年に、冷戦後三度目となる戦略概念を発表した。その最大の眼目は、NATOの主要任務を、集団防衛、危機管理、協調的安全保障の三つと規定したことにあった。つまりNATOは、本来任務である集団防衛を堅持しながらも、コソボやアフガンのような域外の危機管理任務を担い、同時にそうした任務を促進し、かつ地域の安定を確保するためにも、域外の国々と協調的パートナーシップを積極的に推進するというのである。このように任務が多様化した21世紀のNATOは、まさに“ハイブリッド同盟”への変革を志向しているといえよう。しかしここには、少なくとも二つの克服すべき課題がある。

 第一に、加盟国の思惑の違いである。NATO加盟の28ヵ国のうち、冷戦後にメンバーとなった10ヵ国以上にのぼる新規加盟国は、域外の任務に比して、集団防衛が軽視されていると感じている。これら新規加盟国にとって集団防衛の問題は、決して長期的な課題ではなく、とりわけ2008年夏のグルジア紛争以降は、より切迫した問題としてとらえられている。2004年3月以降、NATOは英、独、蘭などの加盟国空軍が4ヶ月毎のローテーションによりバルト空域監視飛行任務を行っているが、この作戦の終了を求める西欧諸国に対して、バルト三国が引きつづき延長要請を行っていることは、そのことをよく物語っている。

 第二に、欧州を覆う緊縮財政とそれにともなう米欧負担格差の問題である。集団防衛にせよ、危機管理にせよ、能力の近代化が不可欠である。ところがそうした近代化に必要な欧州NATO加盟国の軍事費は、冷戦後、減少し続けるか、よくても低迷している。欧州加盟国の軍事費はGDP比で平均1.6%程度以下であるのに対して、米国は4%以上というアンバランスが生じており、結果的に2001年には米国が全NATO加盟国の軍事支出の約63%を占めていたのが、2011年になると約77%へ上昇するなど、米欧の負担格差是正は容易ではないのが現状である。

 加盟国の思惑の違い、予算の低迷という状況を象徴的に示しているのが、集団防衛対応も可能で、かつ遠方への緊急展開による危機管理対処も可能な部隊として、華々しくデビューしたNATO即応部隊(NATO Response Force)の混迷ぶりである。“ハイブリッド同盟”の新戦力として創設されたNATO即応部隊は、2006年に展開可能と宣言されたものの、実際には兵力の充足率は2011年になっても60%台にとどまっている。

 こうした状況に対してラスムセンNATO事務総長は、2011年より、能力整備に関する新たなコンセプトとして、「スマート・ディフェンス(Smart Defence)」を提唱している。これは、合理的なコストにより軍事力の有用性を最大化するため、優先順位を明確化した上で、共同で軍事能力を開発・展開・運用することとされており、キーワードは、「共同出資」と「共同運用」である。さらにラスムセン事務総長は、2012年2月のミュンヘン安全保障会議において、「コネクテッド・フォース(Connected Forces)」構想を提唱した。それによると、「スマート・ディフェンスは軍事能力を獲得するものであり、コネクテッド・フォースは、それらの能力を、よりスムーズかつ効果的に運用できるようにするものである」ということで、そのために同事務総長は、NATO加盟各国が訓練・教育、演習、テクノロジーの活用といった領域で、一層協力を強化すべきだと指摘していた。このコンセプトによると、例えば、装備の相互運用性を高め、異なる航空機のミサイルを相互に交換可能とすることで、同盟が合同で任務を遂行する場合に「プラグ・アンド・プレイ」が容易になるというのである。

 国際平和活動への支援を積極的に行いつつ、他方で集団防衛へのこだわりの残る地域をも安心させようとする“ハイブリッド同盟”NATOのこうした挑戦は、冷戦後の「同盟」のあり方に重要な示唆を孕んでおり、日本にとっても決して無縁ではない。今後の東アジアの安全保障環境をみれば、集団防衛への備えを提唱するだけでは時代遅れになりかねず、さりとて平和構築に専念すればよいというほど楽観はできない。そうしたなかで、“ハイブリッド同盟”の東アジアへの適用は可能なのか、はたして機能するのか、機能するとしたらそれはどこまで「同盟」なのか、考える材料は多いように思われる。

RIPS' Eye No.159

執筆者略歴

ひろせ・よしかず 1960年生まれ。筑波大学大学院社会科学研究科博士課程修了(法学博士)。日本学術振興会特別研究員 、在オーストリア日本大使館専門調査員、山梨学院大学法学部助教授を経て現職。専門分野は国際政治外交史、中・東欧地域研究。当研究所安全保障研究奨学プログラム第6期生。

研究・出版事業について

当研究所が開催しているイベント・セミナーについて一覧でご紹介します

詳細はこちらLinkIcon

論評-RIPS' Eye

最新の重要な外交・安全保障問題に関する第一線の研究者・実務者による論評を掲載しています。

詳細はこちらLinkIcon

研究会合事業

国内外の外交・安全保障分野の研究機関との意見交換や共同研究に取り組んでいます。過去に実施した研究会合についてご紹介します。

詳細はこちらLinkIcon

年報『アジアの安全保障』

1979年より毎年1回発行する年報です。アジア太平洋地域各国の政治・経済・軍事の1年間の動きに関する分析に加え、中長期的な情勢を展望しています。

詳細はこちらLinkIcon

Policy Perspectives

当研究所の研究・会合事業や重要な外交・安全保障問題に関する議論や論点をまとめた政策ペーパーです。

詳細はこちらLinkIcon

「政策提言」

日本の外交・安全保障政策の重要課題に関する提言をまとめたシリーズです。

詳細はこちらLinkIcon

関連書籍情報

入門書から専門書に至るまで、幅広い対象へ向けた書籍を発行することを通じて、外交・安全保障分野の理解促進や啓発に努めています。

詳細はこちらLinkIcon