HOME > 研究・会合・出版事業 > 年報『アジアの安全保障』 > 『アジアの安全保障2014-2015』

アジアの安全保障2014-2015-再起する日本 緊張高まる東、南シナ海-

Asia2014-15.jpg
 当研究所は、1979年より年報『アジアの安全保障』の刊行を通じ、南アジアおよび中央アジアを含むアジア太平洋地域各国の政治・経済・軍事の1年間の動きに関する分析に加え、中長期的な情勢を展望しています。

 今年度版では、「展望」において「一層厳しくなった安全保障環境」を考察し、「焦点」では国家安全保障会議(日本版NSC)の創設、防衛装備移転三原則から展望する日本の防衛産業、中国の「東シナ海防空識別圏」設定の論理と今後の展開、及び南西地域の島嶼防衛をめぐる問題の諸側面を取り上げて論じるほか、国・地域別の章では各国の内政、経済、対外政策、軍事の点から最近の動きを整理・分析しています。また、昨年に続き各章末に「コラム」を設け、今年は各地域の政治・外交・安全保障などの分野で活躍している女性指導者の紹介をしています。


【目次】
第1部 展望と焦点

  • 西原  正
    • 【展 望】「一層厳しくなった安全保障環境」
  • 金子 将史
    • 【焦点1】「国家安全保障会議(日本版NSC)の創設」
  • 村山 裕三
    • 【焦点2】「防衛装備移転三原則から展望する日本の防衛産業」
  • 永岩 俊道
    • 【焦点3】「中国の「東シナ海防空識別圏」設定の論理と今後の展望」
  • 山口 昇
    • 【焦点4】「南西地域の当初防衛をめぐる問題の諸側面」

第2部 アジアの安全保障環境(2014年4月~2015年3月)

  • 第1章 日本
  • 第2章 アメリカ
  • 第3章 ロシア
  • 第4章 中国
  • 第5章 朝鮮半島
  • 第6章 東南アジア
  • 第7章 南アジア
  • 第8章 中央アジア
  • 第9章 南西太平洋
  • 年表(2014年4月~2015年3月)

購入ご希望の方は、なるべくメールかファックスで、①ご住所、②お名前、③電話番号、④ご希望の購入冊数をお知らせください。
製品送付とともにご請求書・振込用紙を同封いたしますので、ご送金をお願いいたします。
メール:rips-info@rips.or.jp / FAX:03-3560-3289

RIPS法人セミナーのご案内

法人会員およびその他法人・企業の皆様向けに、海外情勢や防衛産業などに関する研究会を実施しています。
お問い合わせ
 一般財団法人 平和・安全保障研究所 法人セミナー担当
 【TEL】03-3560-3290 / 【E-mail】 gs@rips.or.jp
※ 過去のセミナーに関する情報はこちらをご参照ください。→【RIPS法人セミナーのご案内】

研究・出版事業について

当研究所が開催しているイベント・セミナーについて一覧でご紹介します

詳細はこちらLinkIcon

論評-RIPS' Eye

最新の重要な外交・安全保障問題に関する第一線の研究者・実務者による論評を掲載しています。

詳細はこちらLinkIcon

研究会合事業

国内外の外交・安全保障分野の研究機関との意見交換や共同研究に取り組んでいます。過去に実施した研究会合についてご紹介します。

詳細はこちらLinkIcon

年報『アジアの安全保障』

1979年より毎年1回発行する年報です。アジア太平洋地域各国の政治・経済・軍事の1年間の動きに関する分析に加え、中長期的な情勢を展望しています。

詳細はこちらLinkIcon

Policy Perspectives

当研究所の研究・会合事業や重要な外交・安全保障問題に関する議論や論点をまとめた政策ペーパーです。

詳細はこちらLinkIcon

関連書籍情報

入門書から専門書に至るまで、幅広い対象へ向けた書籍を発行することを通じて、外交・安全保障分野の理解促進や啓発に努めています。

詳細はこちらLinkIcon